FC2ブログ

イスラム国 邦人人質事件の鍵は・・・

こんにちは☆ 内田あつこです。


イスラム国の邦人人質事件によって
イスラム国の活動が「日本には無関係」で済まない事態になりました。

安倍首相の中東外訪が引き金となったようですね。

「計算どおりにはいかないよ?」
って、だから選挙のときの記事に書いたじゃん^^;


占星術上、イスラム国がどんな集団かというと

山羊座のアセンダント、蠍座のMC
アセンダントには12室の冥王星がぴったり合
3室天王星と9室火星が衝


とても過激な思想を持ち、
すべてを自分どおりに動かしたい
そんな集団であることが見て取れます。


水星は双子座でノーアスペクト

とても頭脳的であり、ハイテクを用いてメディアを上手く活用します。
実際、勧誘が巧みで、さまざまな言語を駆使し
多方面にアピールするやり方で知られています。


冥王星は蟹座の太陽、月・木星の合と衝

自分本位の主張を強引なまでに通そうとします。
そのときどきで態度を二転三転させ、
その意図や動きは読みづらいところがあります。

また
蠍座に土星があり、情の通じる相手ではありません。

2室には海王星とキロンが入り、
オイルと脅しを財源としています。

イスラム国は冥王星が効いており、
その勢いはなかなか衰えないでしょう。

あとで見つけたのですが(ホントだよ~^^;)
「『イスラム国』に交渉の意思ない」
と佐藤優氏が言っています。
ホロスコープからもそれがわかりますね。


イスラム国に対し、米英は決して妥協しない構え。


アメリカ太陽蟹座、月水瓶座

イスラム国の在り方はどだい受けつけず
蟹座VS蟹座で、強く反発します。
存在をあとかたもなく消滅させたいことでしょう。


イギリス太陽山羊座、月蟹座

イギリスも月蟹座ですし
太陽に冥王星を乗せられているので
どうあってもイスラム国の存在を認めないでしょう。


そんな両国寄りの姿勢を示したため
日本はイスラム国に敵と見なされました。

どう弁明しようと
いちど貼られたレッテルに変更はないでしょう。


では、人質解放のため、日本が頼るべき国ははてなマーク


報道によると
ヨルダンとトルコの2国が考えられるようです。

2国と日本との関係性をホロスコープから見てみます。


日本太陽水瓶座、月双子座
アセンダント双子座、MC水瓶座


そこを踏まえて考えたとき・・・


ヨルダン太陽・MCとも双子座、月魚座

アラブ諸国の間を巧みに渡る
「天秤外交」で知られるだけのことはありますね。
親日国家としても知られていますが、それも納得。

ただ、気になるのは
土星が11室の蟹座にあり、
同情心から面倒を見るようなことはしません。

となると
何らかの見返りがないと動かないでしょう。

折悪しくというか、案の定というか
先月、ヨルダンのパイロットが人質となっており
パイロットの同時解放が交渉の条件につけられたようです。。


トルコ太陽蠍座、月双子座

日本が
トルコの脅威だったロシアに日露戦争で勝った
和歌山沖で座礁した自国船の乗組員を救助・介抱した
ことから、とても親日的と言われています。

好意を感じた相手には尽くす
日本に好意を持ちやすい
であろうことが、太陽と月から見て取れます。

そして
アセンダント蟹座で、蟹座の冥王星がゆるい合
ということは
イスラム国に対して影響力がありそうです。
おそらく、裏ルートを持っているでしょう。

実際、数十名もの人質解放に成功しているのはトルコだけ。


「イスラム国と交渉できそうなのはヨルダンかトルコ」
と聞いたとき
私は直感的に「トルコを頼ればいいのに」と思いました。

今回、両国のホロスコープを見て
その思いを強めました。

報道によると
昨年すでにイスラム国からコンタクトがあったそうですね。
その時点で、トルコに声をかけていればよかったのでは。。


どういう手段をとるにせよ
1日も早い解決になることを祈ります。




・・・この記事も該当するのですが

ときどき

ナゼ自分は、1記事書くのに
こんなに調べ物をして、全力投球しているんだろう
はてなマーク

と思うことがあります。

理由を考えてみましたが、結論は
ひとえに占星術は楽しい♪」から。

いろいろなことがひもとける
この楽しさを
皆様にも味わって欲しいなあと思うこの頃です。


来月、お茶会を開催します。
興味を持たれたら、ぜひご参加ください(*^▽^*)やぎ座
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

★あなたに幸運を届けるお茶会 第2弾★

詳細はコチラをどうぞ

→お申し込みフォームはコチラです


★鑑定はいつでもご予約できます★
対面鑑定・スカイプ鑑定
お申し込みフォームはコチラ

詳細はコチラをご覧ください

★予約不要の対面鑑定日があります★
毎月1,3,5水曜日 13時~20時
思い立ったらイキナリどうぞ

コチラでお待ちしております

★占星術を学びたい方はご相談に応じます★
メッセージいただくか、鑑定の際にお訊ねください

スポンサーサイト



錦織 圭選手とトランジット冥王星

こんにちは☆ 内田あつこです。


冥王星はひとつのサインに約20年とどまります。

ということは
ひと握りの人だけが、
一生のうちでトランジット冥王星との合を迎えます。


現在、T冥王星との合の影響を強く受けているのは
山羊座に太陽や月を持つ人。

私は太陽山羊座で
このブログを通して体感を実況中継しているので
今後も読みつづけていただけると、多少の参考になるのではと思いますが(笑)

ほかにも
山羊座に主要な星がある有名人のケースは参考になります。


そんなひとりが
現在、テニスの全豪オープンで活躍中の錦織 圭 選手

ご存知のように
2014年、錦織選手は大躍進を遂げました。

だけど
一見、順調そうな
世界ランク5位までの道は、実はそう平坦ではなかった

ということを、年明けすぐの特集番組で知りました。


錦織選手は、山羊座の太陽・月・水星。

「ザ・山羊座」のような人と思いきや、どっこい
天王星・海王星・土星も山羊座でした。

天王星と海王星は太陽と合。
土星も合ですがゆるいので、天海との合が目立ちます。

星の並びは、正確には
天王星→太陽→海王星→土星→月→水星の順。


「地味な筋トレや反復練習はキライだった」
と錦織選手はインタビューのなかで語っていました。

また
マイケル・チャン氏を専属コーチに迎えた当初は
フェデラー選手への憧れを滔々と語っていたそう。

太陽が天王星・海王星と合の人らしいエピソードです。

これらの星は、木星と衝。

天王星→「メンドクサ意識」
海王星→「ドリーマー」
に使われていて、自分に甘いフシもあったように聞こえますね。


もちろん、彼は非凡な選手で
世界ランクも徐々に上げてきていました。

とはいえ
1桁台まであと一歩のところで足踏みした時期があり
それが2012~13年、T冥王星が彼の太陽と合の頃でした。

冥王星は、「破壊と再生」の星。
たぶん、彼は意識の何かを捨て去ったのだと思います。
おそらくは甘さや、プライドのようなものでしょう。


2014年より、マイケル・チャン氏が専属コーチに。

チャン氏はとても現実的で厳しい注文を錦織選手に課しました。

「エアK」のような
不利な体格を逆手に取った戦法を編み出す一方で
キライだった筋トレや反復練習を徹底させたのです。

さらには
憧れのフェデラー選手は「倒すべきライバル」なのだと
錦織選手の意識に叩き込ませました。


このとき、ちょうどT冥王星は海王星と合
T冥王星が「夢」の限界を突破させたのでしょう。

天王星や海王星は、肉眼では見えない星。
それらが効いていると、発想はいいのですが
ともすると地に足がついていないことも。

「理想(=海王星)のためには何をすべきか」
をチャン氏は特に叩き込んだのでしょう。


マイケル・チャン氏は、元世界ランク2位の人。

太陽は魚座で一見優しげ、
水星も魚座でソフトな物言いでしょうが
太陽は土星とスクエア。

実のところはガチガチの現実派で、とても厳しい人だろうと思います。

そんなチャン氏が、土星の「現実」を突きつけた格好です。


彼の魚座の太陽は海王星とスクエア。
天王星は太陽とつながっていませんが、たぶん月とトライン。
なので
錦織選手とは意思疎通しやすいと思われます。


テキストによると
T冥王星と太陽の合の時期は、有力者の支援が期待できます。

テキストどおりにチャン氏(=T冥王星)が現れ
錦織選手の眠れる夢(=海王星)を掘り起こした


そんな形が、現在なのですね。


今年~来年、T冥王星は土星の上を行き来します。

さらに一皮むけた錦織選手になるか
もしかすると、故障するか・・・。

前者であってほしいなと思います。やぎ座



★あなたに幸運を届けるお茶会 第2弾★

詳細はコチラをどうぞ

→お申し込みフォームはコチラです


★鑑定はいつでもご予約できます★
対面鑑定・スカイプ鑑定
お申し込みフォームはコチラ

詳細はコチラをご覧ください

★予約不要の対面鑑定日があります★
毎月1,3,5水曜日 13時~20時
思い立ったらイキナリどうぞ

コチラでお待ちしております

★占星術を学びたい方はご相談に応じます★
メッセージいただくか、鑑定の際にお訊ねください

sidetitleプロフィールsidetitle

内田あつこ

Author:内田あつこ
札幌の占星術師です。
「使える」西洋占星術で 星々からのメッセージをお伝えします♪

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31