スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火星に学ぶべきこと

こんにちは☆ 内田あつこです。

連日動き回ったツケで、今日はろくに動けず(T▽T;)
ていうか、ここ2、3ヶ月ほどやたら疲労感が。。。
気のせいじゃなかったのが昨日判明して
今日からヤク注入したので、もうじき真人間になると期待(^▽^;)


期待といえば

たぶん、フツー人は
「トシとりたくな〜いビックリマーク」って思うのでしょうが
私はむしろ
「早くトシとりたい〜」と思うことがあります。


なぜなら、いま「火星域」にいるから。


西洋占星術で観る区分のひとつに「年齢域」というものがあって

以下のように、10天体それぞれに割り当てられています

月:0〜7歳
水星:7〜15歳
金星:15〜24歳
太陽:24〜34歳
火星:34〜45歳
木星:45〜57歳
土星:57〜70歳
天王星:70〜84歳
海王星:84〜99歳
冥王星:99〜115歳(故人)

〜『【実習】占星学入門』より引用


モチロン、どの星も重要だから
どの年齢域での経験も貴重なんです。
その年齢域ならではの経験もあるわけで。

月の期間にお母さんの愛をもらい
水星域では勉強に打ち込み
金星域では恋愛を楽しんで
・・・という具合に。


で、火星域ははてなマーク


前にも書いたとおり「火星=エネルギー」

だから、この時期は仕事バリバリ、パワー全開メラメラ


・・・だけだといいんだけど


もともと火星が強い場合

しかも凶角があると

さらにパワーUPアップされて、
あまり欲しくないエネルギーも与えられてしまいます。

私の場合は、
月・水星とのTスクエアの一角なので
怒り とか 炎症 とかが出まくりあせる

さらに、活動しすぎて自律神経失調症にもドクロ
(東洋医学で言うと「陰虚」の状態でした^_^;)

人によっては
嫉妬 とか 暴力 とかのケースもあるかも。

制御するのはホント難しい〜あせる


ただね。要は、火星の訓練期間ですから。


怒らないといけないときって、あるでしょ。

怒ればいい。
ただ、どんなときにどう怒るかは、学ぶ必要がある。



身体から熱を逃がさなきゃいけないときも、あるでしょ。

熱も痛みも、受け入れる。
そして、身体の限界を学ぶ。



そういう時期ってことです。


ある意味、火星エネルギーを
適切な時期にイロイロ使いまくっていわけだから
火星域を過ぎたら落ち着くはず。


使い方が足りないと、あとで困ったことに。

思わぬときに怒りを爆発させると
自分や他人をめちゃくちゃ傷つけてしまうでしょう。

身体の限界に注意を払えないと
最悪、ポックリ逝ってしまいます。


成人式と一緒。

通過儀礼はしっかりと味わっておきましょう。


あとで
「あのときは〜」って笑い飛ばせるように。




・・・な〜んて言ってますが


やっとぼちぼち、
そういう心境になってきたところです(;´▽`A``


ま、人生一度きり、あまり悩みたくないもの。


オチがないけど
どなたかのご参考になれば。。。やぎ座
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

内田あつこ

Author:内田あつこ
札幌の占星術師です。
「使える」西洋占星術で 星々からのメッセージをお伝えします♪

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。