スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランジットの星が連れてくるもの

こんにちは☆ 内田あつこです。


当たり前すぎて、つい忘れてしまいそうになりますが・・・

出生ホロスコープで、
アングル(1・4・7・10室)のどこかに星があると
トランジットの星がアングルに来たとき
残りの3カ所のハウスにも影響が及びます。


1カ所で合になると、
あとの3カ所とは衝(オポジション)かスクエア。
凶角で、キツイ配置です。

また、アングルの象意

 1室=自分
 4室=家・基礎
 7室=対人関係
10室=社会・仕事

と、人生で避けて通れない事柄ばかりなのです。


T火星・木星・土星絡みなら比較的コントロールが効く範囲だし、
期間が限られるのでまだ覚悟ができるけど

T冥王星・海王星・天王星の土星外惑星が絡むと
ひとつのハウスに長くとどまって、ときには逆行するので
合したあとも、影響はじわ〜〜〜と続きます。


言っちゃあ何ですが、私の場合がいい例で。

現在、4室にトランジット冥王星を迎えています。

T冥王星が3室から4室へ移ったタイミングで
当時勤めていた職場で異動の話が来て、
そこがまた、環境も仕事内容も自分と合わない部署で。(-_-メ

そのとき、初めて
辞めることを前提に、文芸翻訳の勉強をはじめました。
昔からの希望だったことと、自分の適性を意識して。

つまり

本来あるべき自分(=IC)とは何か
考える機会が来た(=T冥王星)わけです。

私は1室・4室合わせて4つの星があり、
7室にもキロンと感受点があるから
なおのこと影響が大きいののだと思います。


・・・それでも、その部署には7年間いましたが

そのあいだに

健康を害し(=1室とのスクエア)
さらなる異動話が出た時点で退職(=10室との衝)
環境ががらりと変わり、人間関係も一変(=7室とのスクエア)

と、影響がもれなく巡っています。


もともと、私の4室には太陽があります。
自分という土台を強固にすることが、きわめて重要です。

T冥王星のスピードは超ノロなので、
太陽にかなり近づいているのだけど、まだ完全な合までいかず

まだ、ややしばらく「自分探し」はつづくかな。。。


これがもし、結婚して家庭があったなら
また違った出方をしていたかもしれませんね。

離婚とか? 家庭のこととか? ・・・


とにかく、4室の太陽らしく、
もう自分を騙すのはやめる、と心に誓いました。

T冥王星が5室へ抜ける頃には、人間ができるといいな〜と思います(*^▽^*)やぎ座


★西洋占星術で対面鑑定・Skype鑑定いたします★

ひとこと鑑定 15分 YES/NOで回答します
総合鑑定   1時間 総合的に観て解説します
モニター鑑定 1時間 総合鑑定と同内容、条件つき

☆詳細はこちらをどうぞ☆

ひとこと鑑定・総合鑑定はコチラまで

モニター鑑定はコチラまで

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

内田あつこ

Author:内田あつこ
札幌の占星術師です。
「使える」西洋占星術で 星々からのメッセージをお伝えします♪

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。