スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「月に願う」ということ

 こんにちは☆ 内田あつこです。


ちょっと前ですが、27日は新月でしたね。

札幌は嵐のような天候で、月見とはいきませんでしたが、全国的には見えたのでしょうか?


私は満月・新月はあまり気にかけない、という話を前に書きました。

今回は、その話の延長です。


理論上、
月にアスペクトが多ければ、月の「効果」は気にしなくていいでしょう。

「パワーをもらう」のは、エネルギーの足りない人の発想です。

月にアスペクトが多いということは、絶えず月のエネルギーが来るということ。
車で言えば、常にガソリン満タン。

わざわざパワーアップとか、必要ないはずです。


それでも「月の力」気になるなら、おそらく、月をじゅうぶん使えていないのではないでしょうか。

感情に蓋をして閉じ込めていませんか?

心の声が聞こえないふりしていませんか?

直感を無視していませんか? ・・・


常に満タンの状態であれば、

ソフトアスペクトばかりの人なら、余分なパワーは不要でしょうし

ハードアスペクトの目立つ人に足すと、むしろ調子を崩しそうです。


私の月は、5つのアスペクトがあります。
タイトな吉角がある一方、同じくらいタイトなTスクエアも。

満月と体調の波が合ったときはウンザリです(TωT)
(体調が良ければ月にご挨拶しますが^^)
月のパワーが良くないときもあるのです。


「新月・満月の願い」が好きな人は、
月と海王星がアスペクトしている、特に合あたりの人だと思います。

前に書きましたが、海王星はある意味「麻薬」。

月パワーで海王星のエネルギーが増幅され、気持ち的に酔っ払って、何でもできる感覚になるのでしょう。
そして欲しい情報を「受信」するのです。

海王星とのアスペクトがなかったらはてなマーク
そういう人はトランジットを使えばいいのでしょうね。


私は、月と海王星が緩いトラインです。
月に願う本を読むと、わかったような・・・気もします。

でも水星は風サインで、月と衝ですから、背景に理論が見えないと納得できません。

この解説は、そんな人に捧げます(笑)


どんなご相談内容であれ、
ホロスコープを観る際は、月がとても重要になります。

月=「心」。

何をするにも、心がついていかないと、結局無理だからです。

自分の月の状態がどうなっているか、向き合ってみることはとてもオススメです。
一度鑑定で確かめると、一生の宝物になりますよ^^

私の総合鑑定には、西山いずみさん直伝の魔法をかけます。
魔法の効果はこんな感じです^^素直な人

※モニター鑑定にはつきません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

内田あつこ

Author:内田あつこ
札幌の占星術師です。
「使える」西洋占星術で 星々からのメッセージをお伝えします♪

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。