スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘、使ってますか?

こんにちは☆  内田あつこです。


ときどき私は、「野生の勘が~」って書いています。
特に意図して書くわけではありませんが。


西洋占星術でいう「」は
いろいろなタイプが考えられますが

言えるのは、確実に土星外惑星が絡みます。


土星外惑星とは、
天王星・海王星・冥王星を指します。


天王星なら、「エウレカ!ですね。
「ピンときたひらめき電球」ってやつ。
一瞬の閃き。直感。
宇宙から素早く降りてくるイメージです。
説明も簡潔(笑)


海王星なら、「なんとな~く」です。
どこからともなく、ぼや~んと浮かんきます。
広大な情報の海の中からゆっくりと形になるイメージ。
説明しがたい感覚でしょう。


冥王星なら、「野生の勘」
やはりなんとなくだけど、深いところで捉えます。
それだけに、「確信」という揺るがぬ重みを伴うでしょう。
原始的な本能に基づくものだから。


「わかる~☆」と思った説明があれば
その星がホロスコープで特に効いているかもしれませんね^^


私の場合は、と考えると・・・

海王星は受信する位置にあります。
ただ、月とは緩いトラインなので自覚しがたくて。
無意識に使っているんでしょう^^;

天王星は1室にあって、月とのつながりが緊密なので、かな~り効いています。

冥王星もそれなりに効いています。
アセンダントと緩い合なので。

人生の起点と絡むと、特徴が出ます。
肉体的にも、はっきりと影響が^^;
「野生の勘」という言葉を選ぶのも、だからかな~


これまでの人生で、肝心なときの選択は外していないと思います。
自己診断ではあるけど、違う占術の方に観ていただいてもそう出ます。


ちなみに
天王星・海王星・冥王星のどれも、
象徴される職業に「占い師」があります。
もちろん、占星術師も含まれます。

占い師にもいろんなタイプがいるわけで。

どのタイプの占い師に観てもらいたいですかはてなマーク


占いに限らず
いつでもどこでも、勘は使えますよ~^^

「ピンときた」
「なんとな~く」
「野生の勘」

どれでもいいので、ときには
勘で選んでみてはどうでしょう?


中でも、「ピンときた」で選ぶと
私と波長が合う可能性大です♪

占い師にも相性がありますから
波長が合えば、求める結果を得やすいでしょう。

ピンときたら、ぜひお申し込みください(^o^)/

「なんとな~く」「野生の勘」な方も
もちろんウェルカムです~^^

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

内田あつこ

Author:内田あつこ
札幌の占星術師です。
「使える」西洋占星術で 星々からのメッセージをお伝えします♪

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。