スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新月の日の地震からわかることは・・・

こんにちは☆ 内田あつこです。


昨日の「新月の願い事」の記事
おかげさまで、多くのアクセスがありました。
Facebookでも、面識のない方々からも次々といいね!いただきました。

こういう記事を書くのは勇気が要ります。
これでもね^^;

でも、
多くの人がこの記事に関心を向けるということは
やはり

「おかしいものはおかしい」

と皆さんも感じていて
共感していただけているのだと思います。

そう思うと、とても嬉しいです(*^▽^*)

私は占星術師ですから
月の動きを日常に取り入れるのは賛成ですが

「おかしい」と思うことには異を唱えます。

「自分」の1室に木星・天王星の合を持つ者として
これからも
人と違う視点から発信していきます☆


昨日の記事の補足。


M6.8もの大地震だったにもかかわらず
死者はひとりもでませんでした。

これには理由がありました。

東日本大震災があってから
村の人たちは「地域のつながり」を重視して
住民同士の連絡を密にしていたそうです。

そして
地震後が起きると、まず隣人の安否を確認
警察や消防に通報して、それから避難したそう。
その上
住民総出で救出にあたったそうです。

もちろん
人口が少ない地域だったことも幸いしたでしょう。

それでも報道されたということは、やはり

お互いのつながり助け合う意識が浸透していた
ことが大きかったのす。

「この時代の鍵は、海王星にある」

私は折に触れて、そう書いてきました。

今回、
地震という残念な状況をとおしてではあるけれど
それがはっきりしたように思います。

海王星を、もっと使ったほうがいいですね。

ただし
飲酒とかギャンブルとかじゃない方向でね^^;


人生は、1日1日の積み重ねです。

だけど
厚生労働省の「平成21年簡易生命表」によると
日本人の平均余命は、男性79歳、女性86歳。

今40歳であったとしても、まだこの先40年はあります。


ということは
今日明日のことと同時に、全体を見ることも大事です。

つまり

「現在の立ち位置」「この先」

という視点が必要なのです。


占星術は
生年月日からホロスコープを作成することで
それらを一度に読むことができます。

私の鑑定をとおして
ぜひ、西洋占星術を、人生に生かしていただきたいです。

ピンときたときが、そのタイミング。

お申し込み、お待ちしております。
やぎ座


★鑑定はいつでも予約できます★
総合鑑定・モニター鑑定(期間限定)
お申し込みはコチラからどうぞ♪


★予約不要の対面鑑定あります★
毎月1,3,5水曜日 13時~20時
予約は不要です。まっすぐどうぞ♪
場所はコチラをご覧ください

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

内田あつこ

Author:内田あつこ
札幌の占星術師です。
「使える」西洋占星術で 星々からのメッセージをお伝えします♪

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。