スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違和感の元がわかったような・・ 〜「同族」の続き

こんにちは☆ 内田あつこです。


1つ前の記事は
もっと長かったのだけど
内容がズレてきたので分けました。

「同族」について書きつつ思ったのが

私が日本社会に違和感を持つ理由は
そもそも、日本社会の在り方に
昔から納得できなかったというか。。

日本の文化は好ましく思いますけど。


太陽水瓶座が10室にあり
「同志愛」の社会を目指しているのが日本。

1室に天王星がある私とは
一見、親和性がありそうですが

1室と10室の関係ですから
自分の独自性と社会の方向性が相容れないのです。

日本企業が社員に愛社精神を要求し
会社の色に染めようとするのが、
私の1室天王星の視点からすると
一方的な押しつけで氣持ち悪くて^^;


私がいた20年いた会社は
創業者も創立記念日も太陽水瓶座。

やはり、何かと言うと集団を強いる縛りはイヤでしたね^^;

忘年会とか
(社長が好まない案は却下なので毎年同じ…でもカタチだけ幹事を招集)
選挙関係とか
(勤務時間外に会社が支持する議員サンの演説を拝聴…選挙区違うのに)

ホント、バッカくさ~と思ってました(笑)

西洋占星術的には
会社の条件は私のホロスコープと合致していたけれど

氣持ち的には
最後までイマイチ馴染めなかったです^^;

まあ、「氣が合わない」のも
条件と合っているから仕方ないか^^;


私の太陽は山羊座ですが、4室にあり
蟹座的な要素も併せ持つことになります。

もしも
日本社会がアットホームな雰囲気だったなら
まだ受け入れることができるのかもしれません。

だから今思うと
アメリカ留学時代は氣が楽だったかな。(アメリカは太陽蟹座)

でも、滞在と生活ではまた違うだろうし
ベッタベタに構われてもキツイんだけど^^;


日本は「平等精神」があり
これは世界に誇れる立派な美徳だと思います。

健康保険制度などは、その精神が生きた好例と言えるでしょう。

でも
今、9室にトランジット冥王星がいて
日本が今後の方向性を問われているのは明らかです。

羽化する前のサナギのなかでは
どんな変化が起きているのでしょうか・・・。

たぶん、私は
今の日本に殺伐とした空気を感じて
居心地が悪いのだと思います。やぎ座


★空港セッション★
6月東京で対面鑑定を行います
お申し込みはこちらのフォームから
詳細はコチラです

★いつでも鑑定お申込できます★
対面鑑定・スカイプ鑑定
お申し込みフォームはコチラ
詳細はコチラをご覧ください

★予約なしでもOKの対面鑑定★
毎月1,3,5水曜日 13時~20時
コチラで行っております

★西洋占星術レッスン★
鑑定時に、またはメッセージかメール(uchiat☆gmail.com ←☆を@に)でお問い合わせください

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

内田あつこ

Author:内田あつこ
札幌の占星術師です。
「使える」西洋占星術で 星々からのメッセージをお伝えします♪

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。