スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のなかにある時代と未来

こんにちは☆ 内田あつこです。


私が1室に木星と天王星の合を持つ
ということは過去にも書きました。

天王星は公転周期が長いため
その象意は時代に反映します。
木星と天王星の合は
一時期、木星がそれを強めた形です。

私の場合、この合が1室にあり
時代のエッセンスがそのまま
自分のなかに取り込まれています。


宇宙」は木星と天王星の合の象意のひとつ。

このときを中心に
数多くのSF小説が世に出ました。

SFはScience Fictionの略で
科学ネタ全般を扱いますが、
当時のSFはやはり、宇宙モノのオンパレード。

少なくとも、中学生のときには
私はもう、そうしたSFの本を読んでいました。

学校の図書室にその手の本があった
というのが、今思うとスゴイな(笑)


高校生になると、ビシバシ読みまくり
なかでも、ジョン・ヴァーリィ
「八世界シリーズ」にハマりました。

人類が太陽系に進出した世界の話で、
終末思想が入っていたり
トランスジェンダーに着目していたり
と私の冥王星まで鷲掴み(*^^*)
(同じく1室にあり、好みに反映)

私には、彼は永遠のベスト作家です。

今年8月まであった
木星と天王星のトラインのギリギリに
シリーズ復刻版の『逆行の夏』が出たときは
締めに真打ちが登場したみたいで、
めちゃくちゃ嬉しかったですね(*^^*)

持っているのに、思わず買っちゃいました(笑)


木星と天王星のトラインは
私が片頭痛を連発している間に終わりましたが^^;

木天とヴァーリィへのオマージュに
今、ここに書き残します♪


余談ですが

木星と天王星の合ができたとき、
人類は初めて宇宙へ飛び出しました。

ゆえに
緊密な木天の合が1室にある私は
「進取の氣性に富む人」であり
「未来を見る人」
実際、そう言われたこともあります。

そんな私の感覚では
今の西洋占星術は、
試すと面白い様々な技術もあるけど

敢えて基本に還る」ことが肝である

と確信しています。

事実、最近は
そんな本が次々と発売されてますね。
チェックしておくといいですよ☆やぎ座


★いつでも鑑定お申込できます★
対面鑑定・スカイプ鑑定
お申し込みフォームはコチラ
詳細はコチラをご覧ください

★予約なしでもOKの対面鑑定★
毎月1,3,5水曜日 13時~20時
コチラで行っております

★西洋占星術レッスン★
鑑定時に、またはメッセージかメール(uchiat☆gmail.com ←☆を@に)でお問い合わせください

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

内田あつこ

Author:内田あつこ
札幌の占星術師です。
「使える」西洋占星術で 星々からのメッセージをお伝えします♪

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。