スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冥王星のメッセージは冥王星的音楽にある。

こんにちは☆ 内田あつこです。


以前、コチラの記事で挙げた
ゴシックメタルバンド 
Motionless In White
(モーションレス・イン・ホワイト)


あのとき紹介した曲 Reincarnate は
YouTubeの視聴数で選んだのですが
(モチロン大好きな曲です♪)

ジツは
もっとずっと耳を離れない曲が。

それがコチラ ↓



Break The Cycle”。

ナゼこんなにこの曲が氣になるのはてなマーク

と思って歌詞をチェックしたら
案の定というか・・・


日本盤の邦訳の引用はアレなので^^;
サビの部分を訳しますね。


Forsaken, I walk the night alone
No sanctuary
No place for me to call my home
But it's time to break the cycle

The past is haunting me
Let go and set me free
Open the door to the unknown

見捨てられ、ひとり夜を歩く
逃げ場はない
我が家と呼べる場所もない
だがもう悪循環は断ち切るときだ

過去が俺に付き纏う
俺を離せ、解放してくれ
未知の世界への扉を開くんだ


・・・「破壊と再生」な内容。
まさに「ザ・冥王星」な曲。


オマケに「ホームがない」って・・・

昔から異邦人感覚で生きてきた
「故郷が宇宙」IC射手座の私には
身につまされます(T_T)

※ホーム(home)には「家」以外に「故郷」の意味もアリ

だけど、今
私の太陽には冥王星が来ているから
そういう疎外感とはオサラバして
「未知の世界への扉を開く」とき
なんですよね。

うんうん、わかる~わかるよ~(TωT)


私の場合は
1室に冥王星で人生大転換は織り込み済み
そこへT冥王星が太陽を直撃
というW効果ですが

私のようにT冥王星を迎えている人の他
出生ホロスコープで
冥王星との関わりが深い
太陽やアセンダントが蠍座
の人なども
この曲の感覚が理解できるはず。


そもそも、メタル冥王星的な音楽
(※メタル=いわゆるヘビメタ)

こだわり(仕事や生き甲斐)の方に
冥王星を使えればいいのだけど
特に日本は自分を出しにくい国だし。

そうなると
冥王星の強烈なエネルギーを
マイナス方向に使って
自己や他者を破壊する前に
他にどこへ向けるか考えるとね~

そういう意味では
私は、冥王星の使い道としては
メタルすごくイイと思っています。


ジツは、日本は世界屈指のメタル大国
なんですよね。

CD音源が主流のときは
世界のありとあらゆるメタルが聴ける
メタラーのヘヴン。

今だって
日本発の「ビジュアル系」は
もう立派な1ジャンルになっているし
ベビメタみたいなバンドも出てきて。

日本のメタル環境は世界でも特異でしょう。

冥王星のエネルギーを
日本人がどこへ向けているかというと
そういうコトです。

ちなみに、他にもまだ
日本特有な冥王星の使い道はアリ。
今は書きませんが。

こうしたことを鑑みたとき
日本人は冥王星の使い方が上手い
と言えばいいのか・・・

自分を抑えて生きている人は
どれだけいるのかと思います。。


・・・まあ、そんなワケで
1室に冥王星がある私は
メタルを好んで聴いているのですが

トランジット冥王星を
太陽(=人生観)に迎えている私には
コレは出逢うべき曲だったのですね。

私の野生の勘、健在でした♪


というか

私はディクテーションは不得手なので
英語の歌詞はちゃんと聴けていない
と思っていましたが

無意識にキャッチできていたようで
安心しました(笑)やぎ座


★いつでも鑑定お申込できます★
対面鑑定・スカイプ鑑定
お申し込みフォームはコチラ
詳細はコチラをご覧ください

★予約なしでもOKの対面鑑定★
毎月1,3,5水曜日 13時~20時
コチラで行っております

★西洋占星術レッスン★
鑑定時に、またはメッセージかメール(uchiat☆gmail.com ←☆を@に)でお問い合わせください

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

内田あつこ

Author:内田あつこ
札幌の占星術師です。
「使える」西洋占星術で 星々からのメッセージをお伝えします♪

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。