スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白でも黒でもない世界

こんにちは☆ 内田あつこです。


私の姿勢は基本、「白か黒か」の二択です。
そして、一旦こうと決めたら、後戻りはまずありません。
これは、人だろうとモノだろうと「対・自分」である限りすべて当てはまるように思います。

西洋占星術で考えると、私のこの傾向は結構ハッキリしています。
「自分」の1室に冥王星や天王星という強烈な星が入っているからです。

冥王星も天王星も「チェンジ」の星。
チェンジの後に「やっぱりナシで…」というのはあり得ません。

だからか、私は問題に直面するとぐちゃぐちゃに悩むんですが、解決の糸口を掴んだらソッチへまっしぐらとなります。



問題は、「では、本当にその結論で正しいのか?」というコトです。

自分のなかで、ひとりで導き出した答えですから、特に相手が絡むと「それでいいのか?」という疑問は正直、付き纏います。

実際、私の人間関係はホント文字どおり「ゼロか100か」ばかりで、一氣に盛り上がりイキナリ切れるパターンが定番です。

モチロン意図したワケじゃないので、脳内ひとり反省会はするんです。
でも、天王星は木星とともに月とシッカリつながっているため、相手も相手だしね~とか思うワケです^^;

で結局「まあ別にいっか~」と^^;



それで、最近思ったのですが、きっと海王星が足さされば丁度いいのですね。



海王星は「曖昧」な星で、ある意味、冥王星や天王星と対極にあります。
冥王星や天王星の表現が「白か黒か」なら、海王星の表現は「グレー」。

昔読んだ色彩の本に、「周囲に溶け込み目立たぬようにするにはグレーの服が効果的」とありました。

コレ、1室に冥王星や天王星のある私のような人間には「はぁ?」という考え方ではあります。

確かにそうすると一時的にイジメられることはなくなる。
だけど、じゃあそれでノープロブレムか?というとそうでもない。
グレーで覆っても溶け込みきれない。(雰囲氣で目立つらしい…)
だから納得いかないのですね。

そこでさらに思うのですが、たぶん、グレー一辺倒でもダメなのです。

例えば、赤いシャツは強い印象ですけど、グレーのカーディガンを羽織れば、強さだけでなくマイルドさもある印象になりますね。

つまり、「冥王星・天王星に加えて海王星」がイイと思うのです。
「いい」「悪い」ではない第3の選択肢も探してみてもいいのでは、と。



1室の対極は7室。
なので、海王星的な人とお付き合いをすると、バランスがとれそうです。
すなわち、ゼロも100もない「何でもアリ」な人と付き合うこと。

実際、そういうタイプの人や集まりといると、すごく楽なのですね。
ありのままの自分を受け入れてもらえている感覚が得られるからだと思います。
(少し前のアストロマップの記事でも触れています)


あ、海王星的とはいっても、スピ系なつながりはないですね。

いわゆるスピ系は「能力」。
スピ能力者≠海王星的パーソナリティですから
(だから過去に触れたように「上から目線」なタイプもいるのです)



私自身、今はソーラーアークで海王星が太陽に乗っていますし、トランジットでも海王星が金星に乗った経験をしました(私の金星は太陽と正確にアスペクト)。

で、近年強く思うようになったのが、「WIN-WINの世界が作れないものか?」ということです。

ありのままの私でOK。
ありのままのあなたでOK。
どちらも傷つくことなく、そのままで互いが満足できる関係を築くよう働きかける。

それが究極の人間関係だと思うのです。

それにはまず、相手を、自分を否定する発想を捨ててみることでしょう。

そして自分が「think=どう考えるか」より「feel=どう感じるか」にフォーカスすること。
(『燃えよドラゴン』みたいだなw)



海王星を守護星とする魚座は「自己犠牲」とか「相手に溶け込む」とか自分がないかのように描写されがちですが、厳密にはそれは違います。

自分と相手との垣根を取り払う姿勢に「歩み寄り」はあっても「犠牲」はありません。
加害者と被害者の関係性ではない。

「相手の身になって動ける」のであり、だから適職にカウンセラー等の奉仕職が挙がるのです。

なお、サービス業も奉仕職に準じますが、こうしたことを踏まえると、「お客様は神様」精神が悪いとは言いませんが、サービスの本質ではないのは明らかでしょう。
東京オリンピックで外国人を迎える前に、「おもてなし」についてよく考えていただきたいものです。



イロイロ書きましたが、占星術師として活動することで、私は少しは海王星を人格に加味できているでしょうか・・・?

そうであることを願っています。




先日、私が上に書いた考えを体現するような、まさに海王星的なコミュニケーション、NVC(Nonviolent Communication=非暴力(人生を豊かにする/共感的)コミュニケーション)の1日ワークショップに参加する機会がありました。

NVCはアメリカ発祥の方法で、私が参加したWSのイギリス人講師は20年前から活動しているとのこと。
実践的でとても内容の濃い催しでした。

自分視点の強い私には消化しきれたとは言いがたい情報量でしたが(爆)、「大切にする心から本当のつながりを作る~心と体で共感する~」という題のとおりで、海王星的発見がありとても良かったです♪


{9182AC4D-889D-4426-BE12-43B6D82D04CA}
NVCのワークは“ダンス”。やっぱり海王星的。


NVCジャパンがあり本も出ているそうですよ。
本当の海王星的なつながりとはどういうものか、興味を持ったらアクセスしてみてね☆やぎ座



★いつでも鑑定お申込できます★
対面鑑定・スカイプ鑑定
お申し込みフォームはコチラ
詳細はコチラをご覧ください

★予約なしでもOKの対面鑑定★
毎月1,3,5水曜日 13時~20時
コチラで行っております

★西洋占星術レッスン★
鑑定時に、またはメッセージかメール(uchiat☆gmail.com ←☆を@に)でお問い合わせください

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

内田あつこ

Author:内田あつこ
札幌の占星術師です。
「使える」西洋占星術で 星々からのメッセージをお伝えします♪

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。